まずはこちらから!大学生による就活の現実とは

【就活】なぜ企業は面接をするの?~面接官は何を見ている~

大学生へのすゝめ
この記事は約2分で読めます。

採用活動において、面接を重要視する企業は多い。

そんな企業が面接をする意図はなんでしょう?

 

未来の社長を見つけるための面接

ビジネスマン, 男性, 人, オフィス, Professional, 企業, 大人, 成功, 職業, 会議

エントリーシートだけでは、志望者の人柄はわかりません。

また筆記試験でオール満点の学生がいたとしても、企業はそれだけでは内定を出さないでしょう。

「学力が高い」が、そのまま「仕事ができる」ではないからです。

高いコミュニケーション能力で学力の低さをカバーできる人材だっているかもしれません。

実際に面接をしないとわからないことは、とても多いのです。

発言の内容のみならず、声、立ち振る舞い、表情、服装など……面接官は、様々な面から学生の適性を判断します。

集団面接やグループワークなどでは、複数の他人との接し方を見ることができるので、入社後仲間とうまくやっていけるか、得意先に失礼なく対応できるか、ある程度予想することも可能です。

面接をする理由として、他にはこんな言い方もできます。

企業は、未来の社長を採用したいと考えている

大企業であれば、抜群に仕事のできるリーダー候補を、少なくとも数年に1人は採用できなければ、いずれ組織は崩壊するでしょう。

会わずして未来の社長を決めることはできません。

だから何度も面接をして、可能な限り慎重に判断していくのです。

 

面接で問われる対応力、ストレス耐性

雇用, 募集, 就職の面接, メンター, 契約, 申請者, ボス, ビジネス, 実業家, 女性実業家, 候補者

面接では、答えるのにむずかしい質問が飛んでくることもあります。

高圧的な態度で学生に過度なプレッシャーを与える圧迫面接というものもあります。

「あんなに学生を緊張させなくてもいいじゃないか」

と思う学生もいるでしょう。

しかし入社後の仕事では面接以上に緊張する場面がたくさんあります

顧客のクレーム対応、絶対に落とせない商談、プレゼンテーションなど。

そのような場面でどのように対応できるのかを見たい、ストレス耐性を確認したい、そんな意図も面接にあるのです。

 

発言のみならず、態度からも適性を判断している
企業は、未来の社長を見つけようとしている
対応力、ストレス耐性も面接で試されている

 

タイトルとURLをコピーしました