まずはこちらから!大学生による就活の現実とは

大学生

大学生へのすゝめ

【就活】面接官にアピールするために必要なものとは

会社で必ず活躍できるだけの力があることを見せよう 面接官に自分を「選ばせる」ために必要なものとは、ズバリ言ってしまえば、「その会社で活躍できるだけの力」である。 それは大きく8つの要素に分けられる。 夢を実現していくためには、いわば「...
大学生へのすゝめ

【就活】どうすれば「絶対内定」できるのか【トップ内定すればいい】

就職活動は「人生」を探す絶好のチャンス 就職活動をあなどってはいけない。「自分が満足できる人生」を探し出す、絶好のチャンスなのだ。   就職活動をしたうえで、就職しなくたっていいのだ。仕事がすべてではないし、サラリーマンだけが生き方...
大学生へのすゝめ

【大学3年生へ】なぜ就職するのか。「働く」とは何なのか

仕事は仕事と割り切って、別のところで夢に向かって頑張ることで、本当に心から楽しいだろうか。金があるからといって、仕事をせず別の手段で夢を追いかける。それで本当にハッピーか。物事を深く考えない人は別として、人間とはそんなに器用な生物ではない、と僕は思う。
大学生へのすゝめ

就職活動を始める前に「夢」を描こう

大切なのは内定をもらうことではなく、 自分はどうなりたいのか、何をやりたいのか。
大学生へのすゝめ

【就活】一般常識試験対策のポイントを教えて!就活が本格化する前に勉強を終わらせる

一般常識試験はどのくらいの難易度なのか、どの時期までに対策を済ませておけばいいのかを知り、試験に備えましょう。   一般常識試験の難易度は? 一般常識試験は、数学、国語、社会、理科、英語の主要5教科と、時事問題などから構成されます。...
大学生へのすゝめ

【就活】筆記試験・適性検査にはどんな種類があるの?事前準備は必要【脱足切り対策!】

現在、多くの企業が実施している代表的な就活適性検査には、リクルートマネジメントソリューションズ社提供の「SPI」と日本SHL社提供の「CAB」「GAB」などがあります。多くのテストの能力検査には言語、非言語分野の問題があり英語が出題されるものもあります。問題のレベルは中学・高校程度の知識で解けるものですが、思考力を重視した問題が多く、一概に簡単とは言えません。しっかりした対策が必要です。それ以外にも、業界ごとに独自の言語、非言語分野の問題や、時事をはじめとした一般常識テストを行っている企業があります。
大学生へのすゝめ

【就活】OB訪問で社風を見抜くには?

  結論から、訪問した会社を判断する基準として、OBの人となりで判断していいと断言します! その会社には社員が大勢いて、たまたま自分の会ったOBがその会社の中では特殊な存在だったら、1人のOBでは判断できないではないかと思うかもしれま...
大学生へのすゝめ

【就活】仕事の内容について誰に聞けばいいのか?1年先輩OBに聞かなければならない「3つのポイント」

  就職活動を始める際、学生のみなさんはOB訪問を必ずすると思います。 そこでOB訪問をして、会社や仕事の内容について質問をすることになります。 ところが、まず、学生のみんながOB訪問をするのは、1年先輩で、今年その会社に入ったばかり...
大学生へのすゝめ

【就活】OB訪問は見分を広めるチャンス。入社後も必ず役に立つ

  いきなり知らない会社へ行って、会って話を聞いてくれるなんて、OB訪問くらい。 就職学生だけに許された特権を大いに活用しよう。 学生のうちはわからないかもしれないけど、サラリーマンになって飛込で、いろんな会社に行って話を聞いてもら...
大学生へのすゝめ

【就活】君は1社で270人のOBに会った豪傑に勝てる?

  事前にウチの社員のだれかと会いましたか? という質問は、面接で必ずといっていいほど聞かれます。 当然、たくさん会っていた方が熱意は伝わります。 ある人を紹介しましょう。 彼は、なんとOB訪問で270人の人に会ったので...
タイトルとURLをコピーしました