ノマド男子

大学生情報メディア!!毎日更新中

大学生へのすゝめ

【就活の現実】内定する学生、苦戦する学生の違いは?

スムーズに内定をもらえる人と、苦戦パターンを陥って、なかなか結果が出せない人との差はどこにあるのでしょうか?


苦戦するタイプの典型とは?

ソーシャル, ソーシャルネットワーク, ソーシャルネットワークサービス, コミュニケーション, インターネット

就活に正解はありません

ある学生は、OB訪問をして複数の先輩に自己PRを添削してもらったところ、人によってアドバイスがまちまちであったことに戸惑ったそうです。

先輩社員だけでなく、人事担当者によっても言うことが異なる場合があります。

就活ノウハウ本などに書いてる先輩のエントリーシートの例をそのまま転記したり、暗記して面接で朗読したりする学生がいます。これでは面接官の質問に回答できるはずがありません。結果、落ち続けます。

「就活には正解があるはずだ。それを書けば内定がとれるはずだ」という考え方の人は、就活に苦戦するタイプの典型です。


人事を圧倒した逆転劇

ビジネス, コマース, 男, プレゼンテーション, プレゼンテーショングラフィック, シルエット, 成功

ほとんどの企業は、多様な個性、高い能力を持つ人材を採用したいと考えています。だから、先輩によってアドバイスが違うのは当然です。もし志望企業に勤める先輩の助言がみな同じであれば、異質な人材、多様な個性が許容されない、息苦しい会社かもしれません。

人事担当者によって評価のポイントが違うのなら、

自分を評価してくれる人事担当、企業にも必ず巡り合えるはずだ

そんな風に考えるべきです。

マニュアル通りに自分を型にはめるのではなく、自分の個性をアピールしていけば、自然と就活が楽しくなり内定も出るはずです。

面接で落とされた後、何度も会社に足を運び、自分の熱意を人事に伝え続けた学生がいました。

「これだけ情熱的に行動できるなら仕事も頑張るのでは?」と評価され、ついに内定を得ることができました。

彼の熱意と行動力がこのような逆転劇を生んだのです。ぜひ、このような学生のように型にはめずに”自分”を発揮し、人事を圧倒するような就活をしてください。

結果は後からついてくるはずです。


まとめ
  • 就活にマニュアルがあると信じている学生は苦戦する
  • 多くの企業は多様な人材を求めている
  • 自分を型にはめずにアピールできる学生は、内定が後からついてくる

マニュアル通りではなく、自分らしくいくほうが内定につながる!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です