ノマド男子

大学生情報メディア!!毎日更新中

Blog ブログのすゝめ

【ブログのすゝめ】初心者におすすめな無料ブログサービス

この記事では、ブログをまだ始めていない方、これから始める方へどの無料ブログ作成サービスを使えばいいのかを紹介します。

ブログはTwitterやInstagramと違い、長文で自分の好きなことを発信することのできるもので、読者を集めることができます。

Googleなどの検索エンジンで、ブログで収益を上げるためにも、まずはブログサービスを選び間違えないようにサービスを特徴を比較していきます。

Dambo
Dambo

自分に合ったサービスを選ぼう

無料ブログサービスを選ぶポイント

ブログサービスは一見どれも同じに見えますが、それぞれメリットやデメリット、特徴などがあります。

どのポイントでブログを作成するべきか、選ぶポイントを洗い出してみました。

    1. 簡単にブログが作成できる
    2. 独自ドメインが使える
    3. 好きな広告が貼れる
    4. デザインがカスタマイズできる

おすすめの人気ブログサービス

はてなブログ

はてなブログは株式会社はてなが運営する、旧はてなダイアリーを進化させた無料のブログサービスです。

シンプルで使いやすい編集画面で、デザインテンプレートもおしゃれなものが豊富に揃っているので簡単にカッコいい見た目のブログを作成出来ます。

有料プランでは広告の制限もなく、独自ドメインも設定することができるので利便性・カスタマイズ性にも優れています。

記事を書くと、はてなブログのコミュニティ「はてなブックマーク」にも表示されるので新規アクセスがもらえるのも魅力です。

ライブドアブログ

ライブドアブログは現在LINE株式会社が運営している(旧ライブドア社)が運営していた無料のブログサービスです。

シンプルさとカスタマイズのしやすさを兼ね備えた編集画面で、HTMLやCSS編集までできるのが魅力です。

スマホやPCで個別のデザイン設定が適用可能で、有料プランに加入することで広告を無制限に貼り付けることが出来ます。

アフィリエイトなど広告の規制もなく、直感的にカスタマイズできるので5chまとめブログなどで幅広く使われています。

FC2ブログ

FC2ブログはFC2 INC.が運営している無料のブログサービスです。

多機能なので初心者には設定が少々複雑ですが、ライブドアブログではカスタムすることの出来ない部分まで細かく変更できる自由度の高さが魅力です。

無料で使えるプラグインなども充実しており、色々な機能を付けたい!というカスタマイズ好きにおすすめです。

一ヶ月以上更新しないとFC2側から目立つ位置に広告が表示されてしまうので、更新頻度には注意が必要です。


本当は無料ブログはおすすめできない

ここまで無料ブログのメリットを中心に紹介してきましたがデメリットももちろん存在します。

その理由は以下のとおりです。

  • 不要な広告が表示される
  • 自分の好きなようにカスタマイズできない
  • サービス側の都合で自分のブログが削除される恐れがある

無料でブログを作れる反面、サービス側の規約に違反した場合はブログが即削除されたり、不要な広告が表示されてイライラしてしまいます。

それを避けるためには自分専用のブログを持つことです。

それをするためにはレンタルサーバーを持ち、自分で「WordPressブログ」を開設することです。

WordPressのすゝめ

WordPress(ワードプレス)は上記で説明したブログサービスと違い、CMSと言われるものです。

WordPressはCMS(Contents Management System)というものの1種です。直訳で「コンテンツ管理システム」です。

通常、Webサイトを作成・公開するためにはHTMLやCSSの知識が必須ですが、WordPressに代表されるCMSを利用すればそのような専門知識などをもっていなくとも文章や画像といったコンテンツさえ準備する事が出来ればWebサイトを作成・公開する事が出来ます。

ブログサービスの場合、サービスを提供している会社が倒産したり、サービスが突然終了する可能性があり、そうなってしまうとブログ継続が難しくなります。

WordPressの場合は、自分で1からブログを作り上げることになるのでサービス提供側の都合に左右されることはありません。

サーバーやドメインをレンタルする手間は必要ですが、当ブログの記事を見ながら進めていけば初心者の方でも30分程度で作れます。

ネット上にはWordPressのカスタマイズやプラグイン、デザインテンプレートが豊富に揃っているので、自分だけのオリジナル感あふれるブログがほしい方はぜひWordPressに挑戦してみてください。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です