ノマド男子

大学生情報メディア!!毎日更新中

大学生へのすゝめ

【就活】仕事の内容について誰に聞けばいいのか?1年先輩OBに聞かなければならない「3つのポイント」

 

就職活動を始める際、学生のみなさんはOB訪問を必ずすると思います。

そこでOB訪問をして、会社や仕事の内容について質問をすることになります。

ところが、まず、学生のみんながOB訪問をするのは、1年先輩で、今年その会社に入ったばかりの先輩のことが多いのです。

1年先輩の話す仕事の話はどこまで信用できるか。

OB訪問をする時期には1年先輩は、その会社に入って、まだ半年程度です。

その先輩自身が、実際には、研修中で仕事なんてまだまださせてもらっていないのが現状です。せいぜい電話番がいいところ。

大きな会社であれば、会社の中に、どういう部署があって、どういう仕事をしているのかということすら、実際にはほとんどわからない。

もちろん、1年先輩も、研修では習っているが、みんなが調べなければならない、リアルな実態というところまでの情報は集まらない可能性が高いのです。

皆さんは、そういう何も知らない1年先輩のOBに、真剣に仕事や会社について質問をして、1年先輩が答える内容を信じ込んでしまっています。

1年先輩の仕事の話や会社の話は、ほとんどあてにならない。1年先輩のOBに聞かなければならないことは、次の3つのポイントです。

  • その会社の就職活動のタイムテーブル
  • どういう研修をするのか
  • 就職活動中と、入社してからと、その会社の印象がどう変わったか
就職活動のタイムテーブル

どういう時期にどういう活動をして、どういう面接が展開されていったか。

もちろん、時期などについては、1番誤差が小さく参考になるのが、去年活動をしたばかりの1年先輩の話です。

10年以上前の先輩OBに、就職活動のタイムテーブルを聞いて、たまたまその人がリクルーターだったらいいと思います。そうでない場合は、「解禁日は〇月〇日」だったと実際と違う返事をしてしまう時代錯誤の人に会ってしまう人がいます。

 

研修内容

1年先輩は、皆さんがOB訪問をする頃はまさに研修中のことが多いので、研修の話は新鮮で信用してよい情報です。

 

会社の印象の変容

仕事についてはわからなくても、入社した印象についての話は聞くことができます。

中には、入社して失敗したと思っている先輩もいます。

でも、1年先輩としても、プライドがあるので、あこがれてOB訪問に来た後輩に、

「こんな会社に入って失敗した」

などということはなかなか話してはくれないでしょう。

せめて、

「入社する前と、入社した後でその会社の印象がどう変わったか」

という話を聞きましょう。

 

 

 

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です