ノマド男子

大学生情報メディア!!毎日更新中

大学生へのすゝめ

【就活】OB訪問は見分を広めるチャンス。入社後も必ず役に立つ

 

いきなり知らない会社へ行って、会って話を聞いてくれるなんて、OB訪問くらい。

就職学生だけに許された特権を大いに活用しよう。

学生, 入力, キーボード, テキスト, 女性, スタートアップ, ビジネス, 人, オフィス, 戦略, 仕事

学生のうちはわからないかもしれないけど、サラリーマンになって飛込で、いろんな会社に行って話を聞いてもらうとなると、並大抵のことではないはず。

就職活動のとき、もっといろんな会社を訪問しておけばよかったと、きっと思うようになります。

入社して、普通、最初の10年ぐらいは、直接、話をする機会のない社長や会長と、話ができるのも、就職志望者の特権です。

実際に会社訪問をすることで、世の中には、なんともいろんな会社があって、それぞれの経営者というものは、やはりそれなりの迫力があるものだということがわかります。

こんなにいい社会勉強は、またとないです。

 

学生時代、特にこれといって打ち込むものがなかった人は、この際、会社訪問で卒論を書くぐらいの気迫を持っててもいいくらいです。

「学生時代、1番印象に残ったことは?」と聞かれたら、「会社訪問です」と答えてもいいくらいに。

単に、通るか落ちるかという損得だけでなくて、人間と人間の集団お見合い、企業対学生の合コンだと思えば、その後、長いつきあいにもできます。

たとえ不合格になったとしても、感じの良い会社とはお付き合いが生まれます。

面接を受けて回ってる間に、「また会ったね」という漢字で、友達ができることもあります。

同じ業種だったり、ライバル企業であったり、得意先になったり、まったく関係のない会社だったり、さまざまです。OB訪問後のフォローが大切なのは入社してからも、貴重な財産になります。

 

OB訪問で知り合った人、行った会社、見聞きしたことは、全部記録しておく。

将来役に立つ。

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です