すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

作ったYouTube動画を拡散する

YouTube
この記事は約4分で読めます。

 

作った動画をYouTubeにアップしてみよう→YouTube動画リリースまでのプロセス

YouTube動画リリースまでのプロセス
YouTube撮影に必要な機材→YouTube動画を作る【機材編】 動画リリースするまでの流れ動画制作の具体的なやり方を説明します。流れを言うと、「どんな内容にするかを考えて」「撮って」「編集を加えて」「YouTub...

 

動画を「パブリッシュ」する

自前のコンテンツを外部にリリースすることを、英語では「パブリッシュ」といいます。せっかく作った動画をたくさんの人に見てもらえるように、やれることは全部やりましょう。

コンテンツは、最初に出したそのときが一番新鮮で価値があります。出版業界では、新刊を出した際に、「初速」をつけることが重要だと言われています。

YouTubeも同じで、初速の悪い動画は再生回数が伸びないことが多いです。初速で弾みをつけることが「パブリッシュ」の鉄則です。

初速をつけるには、Facebook、Google+、Twitter、Pinterest などのソーシャルメディア、ブログ、メルマガ、Web上のコミュニティなど、総動員します。

 

トップYouTuberに学ぶ動画の拡散方法

 

「直接投稿」と「間接投稿」

SNSを使う投稿には、「直接」と「間接」の2つがあります。

直接投稿は、動画をYouTubeにアップしたら、すぐにSNSに投稿する方法です。

間接投稿は、一度動画をブログに貼り、その記事をSNSに投稿する方法です。その際、単に動画をブログに貼って終わりではなく、動画から写真を切り出して、文章を加えて記事を書く「動画の書き起こし」記事にします。動画も貼ってあり、写真も多く、文章もある、非常にリッチな記事になります。

間接投稿は手間がかかりますが、次の2つの意味で効果的です。

 

  • 動画よりもブログの方が読まれやすい
  • SEO対策で有効

 

ブログと動画の連携を使いこなす「カズチャンネル」

「商品レビュー」「料理」「旅行」など複数のカテゴリーで動画投稿をする「カズ」こと勝村和央氏。

YouTuberの中で群を抜いてブログによる間接投稿がうまい勝村氏の本業はWebデザイナー。SEOに詳しく、ブログが効果的であることをよく知っているのです。

勝村氏は動画を作ると、公開する前にまずブログを書きます。動画を記事の一番上に貼り、動画中のシーンを切り出した写真を7~8枚使い、文章を加えて動画の中で語っている内容を構成していきます。

勝村氏の動画はブログに貼ることが前提なので、動画の冒頭に「今回もブログ書きました」というテロップを入れて作っているほか、動画作成後には、説明欄の一番上にブログ記事へのリング、アノテーションもつけて、YouTubeに来た人がブログにも飛んでいけるように、アクセスを流す導線を作っています。

YouTubeと複数のブログをテーマごとに連携させ、きっちりと運営していくことで盤石な個人メディアを築いている勝村氏。やはりここでも「継続は力なり」という言葉が浮かんできます。

 

ハイブリッド型投稿

直接投稿と間接投稿を合わせた投稿手法です。

せっかく作った動画をよりたくさんの方に見てもらうために最もおすすめするのは、やはりハイブリッド型です。動画ができたらまずSNSに投稿し、1~2日ほど置いたら、次にブログに動画を貼って記事を書き、それを再びSNSに投稿します。

時間差をつけて複数投稿することで、再生回数を増やしていくことができます。

ただし、直接投稿も間接投稿も、投稿する場合には必ずコメントをつけて投稿するようにしてください。

ハイブリッド型投稿の場合は、同じ動画を2回投稿するにあたり、「昨日の動画が好評だったのでブログ記事にしました。まだ動画をご覧になっていない方、ぜひチェックしてみてくださいね」などのコミュニケーションを加える必要があります。

 

動画アップ直後はコメント対応の時間をとる

動画をアップしてSNSにシェアをした直後が、最もコメントが入りやすい時間となります。

アップ直後はコメント対応の時間を確保し、ていねいに答えてください。

なぜ、そんなにコメントが大事なのか?

その理由は、がんばって作った動画を、興味を持ってみてくれた人の感想こそが、動画を続けていくための最大のモチベーションになるからです。

たとえ再生回数が少なくても、コメントをもらうと非常にうれしいものがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました