すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

YouTube動画リリースまでのプロセス

YouTube
この記事は約7分で読めます。

 

YouTube撮影に必要な機材→YouTube動画を作る【機材編】

YouTube動画を作る【機材編】
YouTubeとは→YouTube動画を作る【準備編】動画制作に必要な機材機材の知識がないと損をするYouTubeの動画をクリックして、見づらくてすぐに消してしまった経験はありませんか。すぐに消したくなる原因...

 

動画リリースするまでの流れ

動画制作の具体的なやり方を説明します。流れを言うと、「どんな内容にするかを考えて」「撮って」「編集を加えて」「YouTubeにアップして」「SNSで拡散する」という5つのステップになります。

 

企画

「商品紹介シリーズ」「イベントレポートシリーズ」など、シリーズ化・パターン化できるコンテンツを複数考えておくと、ネタを考えるのが楽です。

ここでのポイントは「決めすぎない」ことです。あまりがちがちに綿密に構成を作ってしまうと、時間ばかりとられてしまい、挫折の原因になります。

YouTubeチャンネルはテレビ番組のようなものですが、テレビではないのです。たしかに不特定多数の人が見るものではありますが、知り合いとの個人的な会話のように「ゆるい感じ」で流れだけを考えるくらいの感覚で行ってください。

セリフも決めすぎないことです。特に、第3者に脚本を書いてもらうのはやめたほうがよいでしょう。プロのアナウンサーではないので、しゃべりが不自然になり、かなりの確率で言い間違えたり、しどろもどろになったりして時間をとられます。

 

撮影

構成ができたら、さっそく撮影場所に行きます。スピードが大事なので、構成から撮影まであまり時間をあけないで勢いでやってしまいましょう。

ここで考えなければならないのが、「画面デザイン」です。例えば、テロップを入れる位置など。下に入れる場合なら、顔を映す位置を真ん中から少し上にあげなければいけません。

次に簡単なリハーサルをします。

この際に大事なのは「目線」です。必ずモニターではなく、レンズを見てください。モニターを見てしまうと、出来上がった動画は視線がずれて、視聴者は「自分に話しかけてない」と距離感を感じてしまうのです。

撮ったら映像をカメラのプレビューで見て、ちゃんと撮れているかを確認します。音はちゃんと入っているか、後ろに余計なものが映ってないか。

 

編集

撮影データがそろったら、いよいよ編集作業を開始します。

編集ソフトによって違いますが、どのソフトも「取り込んだデータを入れる場所」と「編集素材を入れる場所」の2つがあります。

イベント:カメラから読み込んだ素材を入れておくところ

プロジェクト:素材を選んで作品を作る場所

まずは素材をイベントに入れ、そこから欲しいものだけを取り出してプロジェクトに載せ、料理を作るイメージです。

 

余分な部分のカット

イベントから必要な部分を切り取ります。切り取った部分をクリップといいます。

次に、プロジェクトのタイムラインに、クリップを順番に入れてつなげていきます。ここでもいらない部分が出てくるのでカットします。

「えー」「あのー」などの余計な言葉や、言葉と言葉の「間」もすべてカットします。音声の波形を見て、音がないところはカットできるところです。そうすることで、スピード感のある、テンポのよい動画になります。

 

BGMを入れる

BGMはなくてもかまわないのですが、あったほうが楽しさやスピード感、ほのぼの感など表現力が高まります。

BGMには著作権フリーの音源を使います。調べるとフリーで使える音源がたくさんありますので、使えそうなものをダウンロードしておいてください。

注意していただきたいのはボリュームです。うるさすぎて肝心の声が聞こえなくなるのは、途中で視聴者に離脱される原因になります。

BGMや効果音は、編集の技術に関係なく簡単に動画を格好よく見せてくれる効果のあるツールです。ワンパターンの動画も、音楽選びで変化をつけることができます。

 

テロップを入れる

オープニングタイトルとテロップを入れていきます。

テロップの入れ方の参考になるのは、なんといってもテレビ番組です。最近の番組は、たとえニュースであっても話の内容がわかりやすくテロップ化されています。文字の大きさ、文字装飾のしかた(白文字に赤枠など)、出すタイミングなどは、簡単にまねできる部分です。

テロップはとても重要です。というのは、視聴者が動画を見るデバイスはモバイルの比率が圧倒的に高く、なかには通勤中の電車の中で音を消してみている人もいます。わかりやすいテロップは、そういう視聴者も見逃さない工夫でもあるのです。

 

最初の15秒でいかに視聴者を引き付けるかがYouTube動画の肝

 

データの書き出し

編集が終了したらデータに変換(書き出し)する作業を行います。動画編集ソフトを使うと、直接 YouTubeにアップする機能がついています。しかしデータ管理の見地からその機能はなるべく使わず、一度MP4やQuickTime(.mov)などのフォーマットに書き出し、所定の場所に保存したうえで、そのデータをYouTubeにアップするようにしてください。

 

データの保存と管理

YouTubeにアップした動画を再編集したり、2次利用したりすることも十分に考えられます。データは削除せず、外付けハードディスクなどに保存しておきましょう。

保存するデータは以下の通りです。

  • 撮影データ(メタデータ)
  • 編集用動画データ
  • 編集済みデータ

編集済みデータは、「テロップあり」と「テロップなし」の両方を保存しておくと、違う切り口で動画を作る機会も出てきます。

 

アップロード

書きだした動画をYouTubeにアップします。管理画面で公開設定を決めることができますが、これを「公開」にしてしまうと、アップロードしていきなり誰でも見られる状態になり、非常に危険です。

というのはOKと思ってアップしても、YouTubeアプリで見たら「声が小さすぎた」「テロップの文字が間違っていた」など、ミスが見つかることが多々あるからです。

一度公開したものはもう修正することができず、いったん削除をして再度アップしないといけなくなります。

せっかく再生回数が上がってコメントもついた動画が無駄になってしまうことになりかねません。

そうならないためにも、まず非公開または限定公開にし、ブラウザ上でどう見えるかチェックしたあと、タイトル、詳細、タグ、アノテーション(リンク)を入れて一般公開したほうがよいでしょう。

 

YouTubeの教科書「クリエイターハンドブック」

以外に知られていないのですが、YouTubeでは、動画投稿者がより多くの視聴者を獲得するための資料を無料で提供しています。それが「クリエイターハンドブック」です。

ここには、効果的なチャンネル設計、動画制作のポイント、最適化など、ありとあらゆる情報が載っています。いってみればYouTubeを活用するための教科書なのです。

フォロワーが何万人もいるトップYouTuberは、クリエイターハンドブックに忠実に運営を行っています。

日本語版は「クリエイターブログ」から最新版のPDFを無料でダウンロードすることができます。

 

動画タイトルの付け方

タイトルは、2つの要素を考えてください。

一つはクリックしたいと思わせる興味をひくコピーであること。

もう一つは、検索対象のためのキーワードをタイトルの最初に入れることです。

 

説明欄

説明欄は、「動画の説明」「動画だけで説明できなかったこと」「誘導先へのリンク」などを書くところで、これも非常に重要です。特に冒頭部分はFacebookなどでシェアしたときに見える部分でもあるので、ここにリンク先の名称とURLを貼るとよいでしょう。

 

タグ

タグとは、のシステムに何の動画なのかを認識させ、検索画面に表示されやすくするためのキーワードです。チャンネルすべてに使うタグとともに、その動画の内容に合ったキーワードを用意します。

タグは順番も大事で、タイトルと同じ順番にします。

さらに、動画の中で触れたメーカー名や商品名などの固有名詞も入れます。

 

サムネイル

動画のサムネイルは、動画の再生回数を上げるために非常に大事です。

ユーザは動画のタイトルとサムネイルで「見るかどうか」を決めますので、サムネイルの印象で再生回数が大きく変わってきます。雑誌の表紙と同じと考えてください。

動画のアップロードを終えると、YouTubeが選んだ動画のシーン3枚から選ぶようになっていますが、これだと地味なものばかりになることも。

YouTubeパートナーになると、「カスタムサムネイル」機能が使えるようになります。

動画の中の画像ではなく、思わずクリックしてもらえるような派手な画像を、画像編集ソフトで作るのです。面倒ですが、再生回数を上げるため、YouTubeはカスタムサムネイルを使うのが常識となっています。

クリエイターハンドブックの「サムネイルの最適化」のところに、どんなサムネイルがよいかが書いてあります。

  • くっきりと見やすく、高解像度であること(640×360以上、アスペクト比16:9)
  • 明るく、コントラストがはっきりしていること
  • 顔のアップ
  • 視覚的にインパクトのある画像
  • フレームと構図が適切であること
  • 対象が背景に埋もれていないこと
  • サイズが小さくても大きくても見栄えがすること
  • コンテンツを正しく反映していること

 

投稿した動画をより多くの人に見てもらうには→作った動画を拡散する方法

作ったYouTube動画を拡散する
 作った動画をYouTubeにアップしてみよう→YouTube動画リリースまでのプロセス 動画を「パブリッシュ」する自前のコンテンツを外部にリリースすることを、英語では「パブリッシュ」といいます。せっかく作った動画をたくさ...
タイトルとURLをコピーしました