すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

YouTube動画を作る【機材編】

YouTube
この記事は約6分で読めます。

 

YouTubeとは→YouTube動画を作る【準備編】

YouTube動画を作る【準備編】
 基本、動画はストック型コンテンツなので、全体的・長期的な考え方が必要です。外注と自社制作の使い分け自社の集客に動画を取り入れようと思ったとき、まず考えなければならないのは、「誰が作るか」ということです。 自社制作【3つの...

 

動画制作に必要な機材

機材の知識がないと損をする

YouTubeの動画をクリックして、見づらくてすぐに消してしまった経験はありませんか。

すぐに消したくなる原因は何でしょうか?おそらく次の3つだと思います。

  1. 音声が聞き取りづらい
  2. 画面が暗い
  3. 手ブレがひどい

これらはすべて、動画の内容そのものではなく、「機材」に関わる問題です。

これらの問題を解決するために必要な機材の知識を紹介していきます。

 

カメラ

カメラはピンからキリまであります。どんなコンテンツを作っていくかによって、カメラ選びも変わってきます。

 

ビデオカメラか一眼レフか

動画を撮るというと、ハンディータイプのビデオカメラを思い浮かべる人が多いと思います。これは安価で操作がしやすく、長時間撮影できるのがメリットです。

しかし最近は、このタイプのビデオカメラよりも、一眼レフカメラやミラーレスカメラなどレンズが交換できるタイプのカメラを動画撮影に使うの主流となっています。

その理由は、人物の格好よい映像が撮れること。よくポスターなどで、人物や商品など、至近の対象物だけに焦点が当たって、背景がぼんやりして奥行きを感じさせる写真を見たことがあると思います。いわゆる「ボケ味」です。

動画でも全く同じで、一眼レフやミラーレスカメラで動画を撮ると背景がぼけてくれて、素人が撮ってもそれなりに様になります。これを「一眼動画」と呼びます。

人気YouTuberの「JACKSGAP」は典型的な一眼動画派。自宅で撮影する場合、細部が見えすぎると生活感が出てしまうが、背景がボケるため顔が際立つだけでなく後ろの余計なものを目立たなくする。

 

一眼レフカメラの欠点

最大のネックは「撮影時間」です。熱を持ちやすく、一度に10~15分程度しか撮影できないものが多いため、セミナーやイベントのような、長時間の撮影には向きません。

また、ホワイトバランスや露出調整など、一眼レフの操作に慣れていないと、環境が異なる外での撮影の際にもたついてしまいます。

 

その他のカメラ【スマホ】

手軽に動画を撮影できるのが、スマホの最大のメリットです。動画は作ってみたいけど、まだカメラに投資したくはないという方は、手持ちのスマホで動画を撮ってみるのもよいでしょう。

ただ、モバイル機器は全般的にブレやすいので、使用する場合には、できるかぎり本体を固定するものを使って手ブレを防止してください。スタビライザーなどもおすすめです。

 

その他のカメラ【ウェアラブルカメラ】

ウェアラブルカメラ(アクションカメラ)は、広角レンズで画質もよいので、スノボやサーフィンなどのエクストリームスポーツだけでなく、日常のさまざまシーンで使えます。ヘルメットや胸につければ、「自分視線」でのレポート動画を撮ることもできます。

面白い使い方としては、ラジコンヘリやドローンにGoProを取り付けての空撮があります。

GoProだけでなく、各メーカーがそれぞれの特徴のある面白いウェアラブルカメラを発表しています、自分にあったカメラがあれば、積極的に取り入れて、視聴者を楽しませる動画づくりをしてください。

 

三脚

三脚には「ビデオ用」と「カメラ用」があるのをご存知でしょうか。その違いは、カメラを載せる「雲台」と呼ばれる部分です。ビデオ用の雲台は、カメラを水平に振る動き(パン)や垂直の動き(チルト)の際に、なめらかにカメラが動くように設計されています。

ビデオ用でも2000~3000円程度で買うことができますが、当然ながら安いものはカクカク動き、高ければ高いほど動きはスムーズになります。

スチール写真と違って動きのあるものを撮るため、三脚は動画のクオリティに影響を与える機材です。

 

照明

カメラ目線で話す動画で照明を使ってないものは、顔が暗いのですぐにわかります。特にインドアで撮影する場合は、昼間であっても照明は必須です。

照明器具は数限りなくあり、プロ用機材のショップではスタンドつきのLED照明が5万~8万円くらいしますし、本格的な三点照明となると同じものが3台必要になります。

なので、初心者の方は、まずは「顔に当てる」照明器具を1本購入してください。

なお、自分でLEDライトを作成される方もいます。作り方の動画がYouTubeにあるので参考にしてみてください。

 

編集ソフト

動画編集の基本は、

  • 無駄なところをカットする
  • 文字(タイトル・テロップ)を入れる
  • BGMを入れる

の3つです。この程度であれば、パソコンにインストールされている無料の動画編集ソフトでできてしまいます。

Macユーザの方は「iMovie」、Windowsユーザの方は「ムービーメーカー」がインストールされています。

ほかに有料のものとして、アドビ社の「Premiere Pro」は本格的な編集ができるソフトです。Premiereの最大のメリットは、「Photoshop」や「AfterEffect」など、アドビ社のほかのソフトとの連携に優れている点です。

さらに凝った編集がしたい場合は、「PowerDirector」「VideoStudio」「Edius Pro」などがあります。

 

パソコン

編集には欠かせないのがパソコンです。動画編集は想像以上にデータがたまりますので、スペックの低いパソコンで継続的に作業はかなりキツイです。

理想的には、CPUは「Core i5」以上、メモリは16GB以上、ハードディスクも大きいに越したことはありません。

また、編集をする際には外付けハードディスク(HDD)は欠かせません。たとえデスクトップパソコンを使っていても外付けハードディスクは必須アイテムで、編集中にデータを置いておいたり、保存にも使います。2TBで約1万円ほどです。

 

マイク

最近は、電車の中などでイヤホンを使ってYouTubeを観る人も増えています。そういう場合は特に、画質よりも音質が気になるところです。

カメラには内臓マイクがついていますが、被写体とカメラが離れていたり、うるさい場所などでは音がぼやけて聞き取りづらくなります。セミナーやビデオブログなど、しゃべりが多い動画の場合は、特にマイクを購入して外付けすることをおすすめします。

ピンマイクを襟元につけたり、カメラの上部にガンマイクを取り付けるなど、状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

 

その他の機材

現在、記録メディアの主流はSDカードです。動画を撮る人によく使われているのが32GB(約180分)ですが、長時間録画をしない場合、こまめにデータを移して空にする場合は、16GB(約90分)や8GB(約45分)でもよいでしょう。

いずれにせよ1枚だけでなく、3~4枚は持つことをおすすめします。

 

入門者向け「おすすめ機材リスト」

カメラソニーの一眼レフ
三脚ビデオ用の三脚
照明電池式LEDライト
編集ソフトMac「iMovie」 Windows「ムービーメーカー」
パソコンなるべく容量の大きい、できればデスクトップ型
外付けハードディスク容量2TB
SDカード32GB×3~4枚
マイク必要に応じて購入

 

YouTubeへ動画アップの具体的な流れは→YouTube動画リリースまでのプロセス

YouTube動画リリースまでのプロセス
YouTube撮影に必要な機材→YouTube動画を作る【機材編】 動画リリースするまでの流れ動画制作の具体的なやり方を説明します。流れを言うと、「どんな内容にするかを考えて」「撮って」「編集を加えて」「YouTub...
タイトルとURLをコピーしました