すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

YouTube活用の新しいスタイル【経験共有がキーワード】

YouTube
この記事は約2分で読めます。

 

ほとんどのYouTube動画は再生回数を上げるのに苦しみます。しかし一方で、面白い動画は、強い伝播力を持っており、爆発的に広まる(バズる)ことがあります。

そしてそれらの動画に共通するのは「経験の共有」がされ、感情移入できることです。

 

YouTube運営の新しい波

企業のYouTubeの使い方に新しいスタイルが生まれています。

現在、YouTube活用で実績をあげている企業のほとんどが「凝らない簡単な動画を継続的に投稿する」という運営方法を行っているのです。

これまでのプロモーション動画のように予算はかけず、編集も最低限の簡易的な動画ですが、その代わり「本数」が重視されています。

さらに、ほかのソーシャルメディアと連携させ、ユーザを動画に登場させたり、シナジーのある企業とコラボレーションするなど、単なる「動画の置き場所」ではなく、「ソーシャルメディア上の自社コミュニティ」としての位置づけで運営しいます。

そして、動画のキーワードは「経験共有」。商品そのものではなく、その商品を買う人のライフスタイルや関心事にフォーカスしているのが特徴です。

今までとは明らかに違うこれらの新しい使い方を総称して、「コミュニティ型」と呼びます。コミュニティ型であるならば、動画制作の体制さえ作ってしまえば、予算のない中小企業でも十分にYouTubeが活用できます。

 

「ライフスタイルを見せる動画」で大成功したカメラメーカー

コミュニティ型運営の代表格は、なんといってもカメラメーカーの「GoPro」です。

GoProは、一見おもちゃのように見える、手のひらにすっぽり収まる小型サイズのビデオカメラで、広角で高画質のHD映像が撮影できます。

これまで、ニコン、キャノン、ソニーなどの大手メーカーも参入しているにもかかわらず、GoProの人気は圧倒的です。これらの大手メーカーを押しのけてベンチャーのGoProが圧勝する理由の一つに、YouTube活用があります。

GoProのYouTubeチャンネルの動画は、スタッフが撮影したものだけでなく、ユーザによるものも数多くあります。アップされる動画は、一切GoProの商品説明はありませんが、「GoProのある生活」が表現されています。

YouTubeチャンネルのデザインは、さまざまな動画を分類して表示する機能に優れています。その機能を活用し、チャンネルの訪問者が見たい動画をすぐに見つけられるように配置するのも、チャンネル運営の大事なポイントです。GoProをはじめ、コミュニティ型のチャンネルは、この「見せ方」が非常にうまいのです。

タイトルとURLをコピーしました