すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【しぐさ編】

心理学のすゝめ
この記事は約4分で読めます。

手や腕の位置からわかる本当の心理とは

心理学の実験でも、親しくない人に触れる場合は手や腕の形が不自然になり、被験者もそれをはっきりと見抜いたことがわかっています。

このことからもわかるように、腕や手にはとくに強く感情からの反応が表れます

身体のなかでも、腕や手はどうしても反射的な反応を示してしまうものですから、相手の心のうちを読み取るには非常に有力な手掛かりとなるはずです。

 

無意識のうちに表れる「手先の動き」を見逃すな!

話を聞いている相手が指先でトントンと机を叩いていたら、無意識に相手の話を妨害し、早く話を切り上げてほしいと思っていると考えられます。

また、手のひらを相手に見せることは相手に気を許してリラックスしている、または相手に同意して親近感を抱いている証拠。

ほかにも鼻の下に手をあてたり、鼻をこするようなしぐさをした場合は、相手の話を疑っていると想定されますし、あごをさすっていたら相手の話に同意して感心していると思っていいでしょう。

唇に触れることの多い人は、甘えん坊で自立心が弱い傾向があります。これがエスカレートすると爪を噛むなどの行為に発展することもあります。

このように、手がどこにあるかで、相手がどのような状態にあるかがある程度は推測できます。しかし、心理は身体の一部の動きだけで断定できるものではありません。姿勢や表情、腕、脚などの様子を総合的に見て判断する必要があります。

 

 

興味の方向は「足先の向き」に表れる

人は表情やしぐさをコントロールしようと意識していますが、頭から遠い体の部分ほど、その意識は行き届きにくく、無意識の感情や思考の反応が出てしまうものです。ですから、足元のしぐさに注目することは相手の心理を知る大きなヒントになります。

アメリカの心理学者ブレイザーは研究実験において、面接場面における1000人の女性の脚の組み方は観察したところ、脚の組み方とパーソナリティに関連性があるという実験結果を示しています。

例えば、膝を閉じている女性は秩序欲求が強い人。膝下で交差させている女性は、親和欲求や養育欲求が強いタイプであるなど、全10種類のタイプが挙げられます。

また、脚の開き具合で相手への信頼度がわかります。固く閉じていれば、緊張や不安を感じている証拠で、自然に軽く開いて座っているなら、相手に安心感を覚えてリラックスしている状態といえます。もし、脚を投げ出して大きく開いていたら相手を見下したり、その人自身が自己中心的で傲慢な性格の持ち主だと考えられます。

コミュニケーションにおいて、足先がどちらに向いているかが、その人の意識の方向を知るヒントになります。もし、相手の足先が自分の方向を向いているなら、あなたの話に興味を持っていることになります。

その他、心理を表す脚の動きで代表的なものが「貧乏ゆすり」です。これは、落ち着かない心理状態であるか、または不快感、不安感を非常に強く感じていると考えられます。

もし、無意識に癖で貧乏ゆすりをしているならば、周囲にも決してよい印象を与えないので控えましょう。

 

 

前傾姿勢は「特別な関心」を持っている表れ

「話を聞く姿勢」には、非常にわかりやすい反応がでるものです。もし、あなたの話を聞いている相手が、前傾姿勢で身を乗り出していたら、興味を持って真剣に話を聞いてくれていると思ってよいです。その時、体の仕組み的に膝は90度より内側に曲がっているはずです。

このことは1972年に行われたアメリカのアルバート・メラビアンによる実験でも証明されています。学校の授業において、教師が期待している生徒に対して質問するときは前かがみになるという結果が出たのです。

つまり、体の前傾角度に「話を聞きたいかどうか」の度合いが比例してくるのです。

 

首の角度に要注意!軽蔑されてるかも?

頸動脈のある「首」は、動物にとって弱点となる部分です。この弱点である首を見せるということは、その相手を信頼しているか、または降伏していることは伝えるためのどちらかとなります。

動物である人間も、「相手を信頼している」か、威圧感を感じる相手に「従います」という意思表示をしているかの2通りの解釈ができます。

また、首を後ろに倒して喉仏を見せてあごを上げるしぐさは相手を見下している証拠。

コミュニケーションにおいては、相手を見下しているようなしぐさや表情はかなりの悪印象を与えてしまいます。頭かあごのちょっとした角度だけでも相手の与える印象は変わります。

相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【視線編】
「目」は口ほどにものを言う心理学では視線の動きや目つき、瞳孔の大きさなどから、相手の「思考」や「感情」をある程度読み取ることができるとする説があります。 視線の動きから心理状態がわかる「アイアクセンシング・キュー」そこでまずは...
相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【表情編】
コミュニケーションを円滑にするうえで、必要になる「相手の心理を見抜く方法」をご紹介していきます。本当の心理を知りたいならば、相手の手や脚、姿勢のちょっとした動きや微妙な表情の変化を読み取り、知識を照らし合わせていくことが大切です。...
タイトルとURLをコピーしました