すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【表情編】

心理学のすゝめ
この記事は約4分で読めます。

コミュニケーションを円滑にするうえで、必要になる「相手の心理を見抜く方法」をご紹介していきます。

本当の心理を知りたいならば、相手の手や脚、姿勢のちょっとした動きや微妙な表情の変化を読み取り、知識を照らし合わせていくことが大切です。

「表情」は心を映し出す鏡

人の「感情」は、「表情」となって顔に表れます。表情は、感情の動きを敏感に反映するものであり、パーソナリティとも強く結びついています。

アメリカの心理学者ポール・エクマンが提唱した「FACS(Facial Action Cording System)」というのがあります。これは、人間には共通して「驚き」「恐怖」「悲しみと絶望」「憤りと怒り」「嫌悪」「軽蔑」「喜びと歓喜」の7つがあるという説です。

 

7つの表情

では、それぞれの表情の特徴をひとつずつ見ていきましょう。

 

「驚き」の表情は「眉毛」と「額のしわ」

人は、驚くと必ず、眉毛がグッと上にあがり、額に横じわが入ります。さらに目は大きく見開かれ、まぶたが上下に開き、白目が表れます。そして、下あごが下がり、口が少し開きます。

 

「恐怖」と「驚き」の表情を見分ける

恐怖を感じている時の表情は、驚きの表情と似ています。驚きと同様に、眉が上がりますが、眉間が少し寄り、眉の形はまっすぐのままです。

 

「絶望」の表情はわかりやすい

落胆や失望をすると、顔面の表情は無気力になり動かなくなります。眉の付け根は少し上がり気味になり、縦のしわが寄ります。視線は下向きで、口角が下がります。大きな悲しみの場合は、下瞼も軽く引っ張られます。

 

「怒り」の表情は作ることも簡単

怒りの表情を見分けるには、額や目、口に注目してみましょう。額にはしわが寄らず、眉が下がり、眉間に縦じわが入ることが多いです。また視線はとても鋭くなりますが、目を細めるというのは何かに集中している場合にも起こる動きなので、同時に口元も観察する必要があります。

もし、相手の眉だけが動いたら、その人は怒りを隠そうとしているか、びっくりしてそれに意識を集中しているかのどちらかの感情が考えられます。

怒りで動く筋肉は動かしやすいので、怒っているふりをすることも簡単です。言動も合わせて本当に相手が怒っているのか判断しましょう。

 

「嫌悪」の表情は、「怒り」の表情に似ている

嫌悪の表情は、気持ち悪いものを見たり、嫌いなものを食べたりすると出る表情です。必ず鼻にしわが入り、上唇が引っ張られます。それに伴って下唇が引っ張られたり、前に出ることもあります。

嫌悪の度合いが強いほど顔の下半分にしわがたくさん入ります。眉が下がることもあります。これは、怒りの表情と間違えやすいので注意。

 

「軽蔑」の表情には要注意!

軽蔑の表情は、嫌悪の表情と非常に似ています。軽蔑の表情は、顔の半分だけが変化し、口角がこわばり軽く上がるという特徴があります。また、顎が少し上向きになったり、目が細くなったりします。

 

「作り笑い」を見極める

本物の笑顔をつくり笑いを見分けるためには、目が笑っているかどうかで判断することができます。

フランスの学者ギヨーム=バンジャマン・デュシェンヌは、笑顔に使われる大頬骨筋という口角を頬骨まで引き上げる筋肉と、頬を引き上げる眼輪筋という筋肉を発見しました。大頬骨筋が動く時間は、作り笑いより本物の笑顔のほうが短いことがわかったのです。

つまり、長時間続く笑顔はつくり笑いの可能性が高くなるということです。

 

 

「微表情」を見逃すな!

これら7つの表情を提唱したエクマンによれば、数多くの表情の中にも「微細な表情」というものが存在し、ここに本心がはっきりと表れると説明しています。

人は感情を隠そうとしてニュートラルな表情を保とうとしても、一瞬なにかしらの表情が表れてしまいます。これは本人も気づかない無意識の反射反応で、大抵は顔全体に表れますが、一部にしか表れない場合もあります。

表れる時間も0.2秒程度と極端に短いのが特徴です。一瞬の出来事ですので、注意して観察していなければすぐに見逃してしまうでしょう。

そもそも、感情が表情となって表れる平均時間は、約2秒間といわれています。長く表れた場合は、それほど感情が強いということになります。

「微細な表情」のほかにも、「代理の表情」とうものがあります。これは、相手の話に同調を示すために表す”作り物”の表情を指します。

 

相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【視線編】
「目」は口ほどにものを言う心理学では視線の動きや目つき、瞳孔の大きさなどから、相手の「思考」や「感情」をある程度読み取ることができるとする説があります。 視線の動きから心理状態がわかる「アイアクセンシング・キュー」そこでまずは...
相手の「表情」「しぐさ」から本音を暴く方法【しぐさ編】
手や腕の位置からわかる本当の心理とは心理学の実験でも、親しくない人に触れる場合は手や腕の形が不自然になり、被験者もそれをはっきりと見抜いたことがわかっています。このことからもわかるように、腕や手にはとくに強く感情からの反応が表れま...
タイトルとURLをコピーしました