すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

人間の行動に影響を与える8つの心理法則とは【前半】

心理学のすゝめ
この記事は約4分で読めます。

人間の行動を決定している「行動原理」を知ろう

人間の行動には、いくつもの心理的な原則が存在し、私たちは毎日それに従って行動をしています。この原則を心理学の世界では、「行動原理」と呼んでいます。相手の行動を理解し、その相手と円滑なコミュニケーションを図るために、効果的に心理操作をしようと思った場合、この行動原理の理解が必要不可欠な知識となります。

行動原理の大原則ともいえるものがあります。それは、人間に限らず地球上のすべての生物が「気持ちいいか、不快であるか」という感覚で行動を決めているということです。

しかし一方で、人間は「社会という集団」のなかで生活しているため、単純に快・不快の判断基準だけで生きていくこともまた不可能です。多くの人との関係性や社会的規範などを保つために、様々な判断が必要となってきます。

人間の行動は、これらの「行動原理」が複合的に絡み合った結果として行われているのです。

 

 

【利得最大の原理】人は自分の「得」になる行動を選択する

人はだれしも、自分にとって得になるようなことがあれば、それを最大限得られるようにしたいと思うもの。お金は可能な限りたくさん稼ぎたいし、結婚する相手はできるだけ美男美女がよく、魅力のある友達はたくさん増やしたい。

一方で、人は自分にとって損失となるようなことは最小限に留めたいという欲求があります。悪口を言われて喜ぶ人は、基本的にいないはずです。ですから人は何かしらの行動をする際、得になると思われることを選択して行動に移すのです。これを心理学では、「利得最大の原理」と呼びます。

この原理は、人間のすべての行動に関わってくる欲求であり、これを抜きにして人間の行動を理解することは不可能です。

 

 

【公平性原理】人間社会には「公平さ」が必要不可欠

人間がこの社会集団のなかで生きていくためには、自分の利益だけを追求していくことは不可能です。もし自分の利益だけを追求すれば、他者をだまして様々なものを得ようとします。すると当然その人間は集団から排除されます。

ですから、集団のなかで上手く生き抜いていくためには、社会的規範というものに従わなくてはなりません。そこで重要となってくるのが「公平さ」です。

社会集団を成立させていくためには、それぞれが得られる利益が公平になるように分配されなくてはなりません。この人間社会に必要な行動原則を「公平性原理」といいます。

この原理は、短期的には「利得最大の原理」と対立するものですが、長期的な利益の増大のために補い合う原理といえます。ともに人間が社会のなかで行動を選択していく上で重要な判断基準となるものです。

 

 

【返報性の原理】人間は自分ひとりが得をしすぎると不快に思う

人は自分ひとりが利益を独占できる状況になったとしても、それを心地よいと感じることができなくなります

この心理を証明するために、ある研究が行われました。恋愛関係にある2者の間で、一方的に様々なモノを与えられた人間は与えてくる相手に対して、幸福度、満足感、罪悪感、怒りという4つのうちのどの感情を強く抱くようになるのか?という研究です。

その結果、一方的にモノを与えられ、得をし続けた人は、「罪悪感」を強く感じるようになり、最終的には相手に対しての「怒り」も強くなってしまうというものです。

これは、人が相手から何かを与えられた場合には、お返しをしなくてはならないという「社会的規範」が個人のアイデンティティのなかに反映されているからだと考えられます。そしてお返しが不可能なほど多く得をしてしまうと、罪悪感と心苦しさを覚えるようになります。これは「心理的負債」といい、お返しをしたいと思う心理を「返報性の原理」といいます。

 

 

【一貫性の原理】人間は一度決めたことは、損をしてもやり続ける

一度、「試験に挑戦する!」と宣言したのに、いざ勉強をはじめてみたけど続かない。諦めたら周りにダメな人間だと思われてしまう。だから仕方なく勉強を続ける。

このとき、その人の中では一度いったことをすぐに変える意志の弱い人間だと周囲に言われたくないし、自分でも一度やり始めたことをすぐに諦めるのは納得できないと思うために「一貫性のある行動」を取ろうとする心理が働いています。

たとえ苦痛な勉強を続けても、高い評価を受けたいを思う心理を「自己高揚欲求」と呼ばれます。

また、一貫性を保つことができずに、自分にとって重要なことに「自己矛盾」が起こってしまった場合に、人は不快感を覚えます。例えば「健康を気遣いたいのに、禁煙ができない」という矛盾です。これは「認知的不協和」というもので、これにより人は不快感を解消するために様々な行動をとるようになります。

一貫性を保つというのは非常に難しいことであり、不快感を覚えます。これを解消するために改善行動を開始します。

人間の行動に影響を与える8つの心理法則【後半】
【類似性の原理】人は自分に似た相手に好意を持つ人は自分と話が合う人や、同じ趣味を持つ人、物事の考え方が似ている人と一緒にいることで楽しいと感じたり、安心感を抱くものです。これを「類似性の原理」といいます。では、なぜ人は同じ価値観の...
タイトルとURLをコピーしました