まずはこちらから!大学生による就活の現実とは

2019-08

LIFE

就職活動の準備【複数内定獲得を目指せ】

  複数内定獲得を目指せ 現代の就職試験の仕組みでは、採用側は、数次の選考プロセスを経て、学生に対して、まず内々定を出し、さらに確実に入社してくれるであろう学生に絞って内定を出します。しかし、実際に入社するかどうかの選択権は、この段階...
LIFE

就職活動の現場から【大学3年生の自分】

  就職課や進路指導課の役割 大学生は、3年生になると、いやでも就職のことを考えなくてはならない。なぜなら現在の新卒者採用の仕組みがそうさせているからです。 厳しい入試を終えてめでたく大学生になってからの2年間は、夢のように過ぎます。...
伝え方のすゝめ

13字で伝える技術【Yahoo!ニュースのタイトルも13字】

  13字アウトプットのルールは3つだけ ①「要点」を「箇条書き」で話す ②「箇条書き」を「分かりやすい順番」で話す ③「結論ファースト」で話す 13字アウトプットのスキルは、これらの基本的ルールの応用でしかない。  ...
伝え方のすゝめ

効果的な伝え方ポイント2つだけ【頭の良い人ほどわかりづらい】

  「頭が良い人=話がわかりやすい」とは限らない よく言われるのが「頭の良い人ほど、話の内容がわからない」です。 実際に、あなたのまわりにもいるのではありませんか? なによりあなた自身も周囲にそう思われているかもしれません。 そうなら...
伝え方のすゝめ

相手をトランスへ誘うテクニック

  ミルトンモデルの真骨頂「あいまいさ」を武器にする   情報は正確には伝えられない   この記事で紹介するのは、ミルトンモデルの1つである「省略」「歪曲」「一般化」をうまく使う方法です。   実は人間は、情報を出力する(...
伝え方のすゝめ

あなたの知らない潜在意識の世界

  ダイレクトに相手の潜在意識に働きかける現代催眠   催眠状態(トランス状態)の正体とは?   「催眠」と聞くと、テレビ番組でよくある”催眠ショー”を思い出す人もいるかもしれません。 しかし現代催眠は、そうした催眠ショーなどに見る催...
伝え方のすゝめ

文章で相手の心を開く方法

  なぜ、相手の心を開くことが必要か? 人は納得しないと行動しない 文章におけるコミュニケーションにおいても、会話でのコミュニケーションとそれほど変わらない一面があります。それは、相手を動かすには、まず相手の信頼を獲得することが必要不...
伝え方のすゝめ

3つのステップで「誰でも、簡単にわかりやすい話ができる」【コミュニケーションで人生が変わる】

  コミュニケーションの難しさを一挙に解決するための方法が「ロジカル・コミュニケーション」です。 それはとても簡単、そしてシンプルです。 情報を分ける ラベルを貼る 予告する 一言でいうと「話しのプラン」を持つとい...
伝え方のすゝめ

相手の納得度が高まる!「話し方」のルール

  伝わるプレゼンにするためには、相手から「へ~」「なるほど」「そうなんだ」と、納得・共感してもらうことが必要です。そのとき、相手の立場に立って話をするかどうか。 これで伝わり方が大きく変わります。 「伝わる」プレゼンにしようと意識す...
伝え方のすゝめ

人の記憶に残る自己紹介5つのポイント

  あなたは、初めてあった人に、どんなふうに自己紹介をしていますか? 右の耳から左の耳へす~っと通り抜けてしまう、「ただの人」で終わってしまうような自己紹介では、次の仕事はなかなかやってきません。短時間で自分の「人となり」とアピールし...
タイトルとURLをコピーしました