すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

人間関係の危機を乗り越える心理技法!!

心理学のすゝめ
この記事は約4分で読めます。

人間関係がこじれたと思ったら、すぐに話し合う

ある調査によると、対人関係でトラブルが起きた時、じっと我慢しようとする人は48%。

つまり、ほぼ半分の人たちが、何も解決の手を打たない。しかも、これで問題が解決したと感じている人は、44%。手をこまねいていても人間関係はよくならないのです。

もしあなたが不用意な発言をしてしまって、相手が不愉快な思いをしたことは、表情を観察していればわかるはずです。サッと顔色が変わるとか、返事までの時間が長くなったとか、視線を合わせてくれなくなったとか。

そんなときには、すぐに対処をする。最も簡単で、かつ最も効果的なのは、自分が感じている不安を口に出してみること。

 

すみません、何かご気分を損ねるようなことを申しましたでしょうか」

「この条件では、厳しかったでしょうか」

「敬語を間違えておりましたでしょうか

 

などと口にしてみよう。理由がわからずに相手が怒り出した場合には、その理由をはっきりさせなければ、解決の糸口が見当たりません。

理由など考えずに、サッと謝れる人というのは、とても魅力的です。

 

人間関係がおかしくなったら、自分が「少し」変わってあげる

「あの人との関係がどうもしっくりこないな」と思ったら、そのまま放っておいてはいけない。これが最もまずい方法だから。身体不調は、放っておいても”自然治癒”されるが、人間関係は”自然治癒”されない。

クリフォード・ノートリウスとハワード・マーカムという2人の心理学者が、「どうすれば人間関係がつづくのか?」を20年以上にわたり研究している。それでわかったことは、「あなたが”ほんの少し”だけ変わってやれ」ということだった。

考えてみると、相手を変えてやろうとするより、自分が変わってあげた方が、はるかに労力もかからないし、効率的だ。自分は正しいのだ、というつまらないプライドを捨てるだけで、人間関係は驚くほど良好なものとなるのです。

ちなみにノートリウスらが重視しているのは「ほんの少し」という点。たとえ自分を変えるにしても、大きく変えるのは難しいからだ。大きく変えるのは、我慢と苦痛を伴って大変である。

ほんの少しだけなら、人間は変われる

少しだけ変われば十分、という気持ちでいると、それほどストレスも感じないし、取り組みやすい。

目標達成のコツ「スモール・ステップの原理」

目標の段階を、できるだけ小さく細分化することで、最終的に大きな目標も叶えられるという原理。

 

機嫌の悪い相手からは、さっさと逃げる!

あなたは全然悪くないのに、ムードの悪い相手がいる。会ったばかりなのに、不機嫌さを隠そうとしない人もいる。そういう奴らから、八つ当たりを食らう可能性は高い。

機嫌の悪い相手からは、距離を置くのがルールである。

機嫌が悪いヤツは、見境なく吠え掛かる犬と同じで、手が付けられない。

心理学には、「ムードの一貫性原理」というのがある。楽しいムードのときには、どんな人も神様に見え、いやなムードのときは、どんな人も悪党に見えることがわかっている。

これを参考にすると、私たちが、どんどん近寄って行くべきなのは、最近よいことがあったばかりの、ムードが良い相手であることがわかるはず。

 

嫌われたら、ムリヤリにリカバリーしようとしない

いったん嫌われたら、よほどのことがない限り、あなたは嫌われたままである。

人間関係では、嫌われないようにするのが大切であり、いったん嫌われてしまったら、あきらめた方がいい。新しい人間関係を築いた方が効率的だ。

京都大学の吉川肇子さんが行った実験によると、いったん悪い印象を持たれると、たとえその後でリカバリー作業をしても、悪印象は変わりにくかったという。

マイナスの評価をプラスにひっくり返すのは、なかなかできるものではない。それよりも、あなたに対して、まっさらな状態でいる初対面の人に好かれるほうが、はるかに簡単である。

どんな理由であれ、いったん嫌われた相手に何とか好かれようとしなくていい。人間関係は「がんばれば何とかなる」というものではないのである。

 

怒りっぽい気分は、当分の取り過ぎが原因!?

「甘党ほど、人間関係でケンカがたえない」

という驚くべきデータがある。これは、カリフォルニア州の結婚問題研究所の所長マリー・ハンガーフォード博士が発表した。博士は、次のように言っている。

「甘味は、男女の関係を破壊する物質としかいえません。結婚生活が破断する原因の50~70%は、甘味の取りすぎだといえます。」

たしかに、心に不満があると、甘いものを体が欲しくなる。しかし、それを我慢するようにすると、アドレナリン分泌に必要な糖分がなくなるわけで、最終的には気分が落ち着くのである。

怒りっぽい人は、人間関係もうまくいかない。心からの笑顔も作らない。だから嫌われる。

 

皆さんも、人間関係の危機をうまく回避するようにしよう。

タイトルとURLをコピーしました