すぐ読める!K0he1の詳しいプロフィール

【大学生】年金は免除できる?学生納付特例の申請方法と時効期間

大学生へのすゝめ
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、20歳大学生のK0he1です。

この前ポストに年金手帳と一緒に支払いの通知が来てました。ほとんどの大学生は「学生納付特例」ってやつに申し込むらしいので自分も申し込もうかと思ったけど、複雑でよくわかりませんでした。

そこで、今回調べたものをわかりやすくまとめてみようと記事を書いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

年金って最近話題にもなってるよね


国民年金とは

国民年金は日本に住む20歳以上~60歳未満まで全員の加入が義務付けられています。学生でも20歳になると国民年金に加入することになっていますが、学生の方は社会人とは違い十分な収入がなく、毎月16,410円(令和元年度)の国民年金保険料を負担することは難しいですよね。

そこで、20歳以上の収入のない(少ない)学生の場合は、「学生年金納付特例」という制度を利用することができます。

「学生納付特例」って?

学生の方には国民年金保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が用意されています。

学生納付特例の対象者

    • 日本国内の大学(大学院)・短大・専門学校・高等専門学校・高等学校・専修学校などに在籍している(していた)20歳以上の方

夜間部・定時制課程・通信課程も対象となるので、20歳以上の学生は、ほとんどの方が該当すると思います。

    • 本人の前年の所得が118万円以下の方

学生納付特例制度を利用する条件の中には収入の審査もあります。「事業をしている」または、「アルバイトをしている」という学生の方は確認が必要です。

浪人生も学生に含まれるよ!


この制度の仕組みを簡単に説明すると、「学生の期間中は年金の支払いを待ってあげますよ!その代り将来、満額の老齢基礎年金を受け取りたいなら、学生の期間中に納めなかった年金は社会人になってから納めてくださいね!」ということです

この学生納付特例制度は「年金を払わなくていい」という免除でなく、「払うべき年金を先延ばし後払いする」猶予になります。

そのため、将来、満額の老齢基礎年金を受け取るためには、10年以内に国民年金保険料を後払いする必要があります。

これを追納といいますが、「学生納付特例」を受けた年度の翌年度から起算して、3年度目以降に国民年金保険料を追納する場合には、猶予されていたときの国民年金保険料に一定の加算額が加わります。

メリット

・収入の少ない学生期間中に国民年金保険料を負担しなくて済む。

・老齢基礎年金を受け取るための「受給資格期間」にカウントされる。

保険料を納付していなくても、積み立てている扱いになる!!


デメリット

・老齢基礎年金額の計算には反映されない。

・3年度目以降に年金を追納する場合は、猶予されていたときの保険料に一定の加算額が加わる。

猶予なのでいずれは払う運命!!

免除ではないのかぁー


 

学生納付特例の申請方法

 

その前に申請期間を確認!

「学生納付特例制度」の申請期間は毎年4月から翌年3月まで(申請日が1月~3月までの場合、前年4月から3月まで)となります。(今年(令和元年度)の分は、平成31年4月~令和2年3月までですね。)

そのため、「学生納付特例」を希望する期間は毎年、申請書の提出が必要です。

例えば、平成31年4月に申請する場合は、平成29年3月までさかのぼって申請することができます。


以降、1ヶ月経過するごとにさかのぼって申請できる期間が1ヶ月縮小していきますので、申請を忘れていたという方は早めに手続きをするようにしてください。

年度ごとに申請書が必要!!

「学生納付特例」の年度は4月~翌年3月までを1年度としてカウントしますので、過去にさかのぼって申請する場合は、1年度ごとに複数枚の申請書を提出する必要があります。

例えば、令和元年5月に、平成29年4月から令和2年3⽉までの期間を申請する場合、

①平成29年度分(平成29年4⽉〜30年3月)

②平成30年度分(平成30年4⽉〜31年3月)

③令和元年度分(平成31年4⽉〜令和2年3月)

の3枚の申請書が必要となります。

※この例の場合、平成29年3月以前は時効となりますので申請することができません。

 

申請場所

申請は次の場所で受付けています。

  • 住民票のある市区町村の窓口(年金担当課など)
  • 最寄りの年金事務所

全国の年金事務所はこちらから検索することができます。⇒日本年金機構ホームページ

※その他、学校側で申請を代行してくれる場合もあります。

必要なモノ

  • 国民年金保険料学生納付特例申請書
  • 年金手帳(※)
  • 学生証または在学証明書

※20歳になったばかりの方で、まだ年金手帳をお持ちでない方は身分証明書(運転免許証・パスポート・個人番号カード)を持参するようにしてください。


また、学生納付特例の申請は郵送でも受付けています。

<郵送で申請する場合に必要なもの>

  • 国民年金保険料学生納付特例申請書
  • 年金手帳(氏名が記載されているページのコピー)
  • 学生証のコピーまたは在籍証明書の原本

 

申請が済むと日本年金機構で審査が行われ、2~3ヶ月後に郵送で審査結果が送られてきます。審査結果が出る前に届いた納付書の支払いは保留でokです。

「学生年金納付特例制度」のポイントは「学生の期間中の年金は払わなくていいのではなく後払いになる。」という点ですね。私の勤めている職場にも、学生期間中の年金を追納している人がいますが、納めた年金は全額社会保険料控除となりますので、うまく節税できているようです。

現在、年金の未納分がある方で、未納分が学生期間中のものであれば(時効を迎えていなければ)、さかのぼって申請することができますので、早めに確認するようにしてください。

若者は年金ってもらえるの?【気になるトピック】

最近、国が発表した国民年金をもらっても「老後の資金が2000万円」ほど必要って話題になりましたよね。

じゃあ年金払う必要なくね?って思った方は次の動画が参考になると思うのでどうぞ!!

【若者向け】年金はどうせ貰えないので、諦めよう【死ぬまで労働】
タイトルとURLをコピーしました