まずはこちらから!大学生による就活の現実とは

乗車でポイントが付く!「Suica」新サービスの狙いとは?

IT×Future
この記事は約5分で読めます。

JR東日本は10月1日から、Suica(スイカ)で鉄道を利用した際にポイントが貯まるサービスを開始しました。首都圏の駅などで「Suica究極の新サービス始まる」という告知を見かけた人も多いでしょう。

このサービスは、JR東日本グループの共通ポイントサービスである「JRE POINT」に手持ちのSuicaを登録したうえでJR東日本の在来線に乗ると、1回ごとの利用額に応じてポイントが貯まるというもの。従来からSuicaで買い物をした際にポイントが貯まるサービスはありましたが、ついに鉄道利用でも可能になったわけです。


モバイルは大判振る舞い?

「mobile suica」の画像検索結果

すでにJRE POINTに登録している人なら、その「大盤振る舞い感」に驚いた人もいるでしょう。「モバイルSuica」を利用した場合のポイント還元率が高いのです。

 カード形のSuicaだと200円ごとに1ポイントですが、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント貯まり、還元率は2%。Suicaグリーン券や定期券をモバイルSuicaで買った場合も、購入額に応じて同じ還元率でポイントが貯まります。定期券は他社線を含む場合でも、購入金額全体がポイント計算の対象。なお、1ポイントが1円相当となります。

従来、JR東日本グループのポイントサービスは、駅ビルなど商業施設のポイント、クレジットカード「ビューカード」のビューサンクスポイント、そして「Suicaポイント」など、各種のサービスそれぞれに分かれていました。

 2016年2月、これらの共通化に向けて「JRE POINT」が登場。まず駅ビルなどのポイントに始まり、2017年12月にはSuicaポイントがJRE POINTと共通化。さらに2018年6月、ビューサンクスポイントも共通化され、さまざまなサービスのポイントをまとめることができるように。

 関東圏ではSuicaを利用できる範囲が広く、特急利用の際もモバイルSuicaと「えきねっとチケットレスサービス」を利用すると、1回の利用でかなりのポイントを貯めることができます。

 例えば新宿―松本間は乗車券が4070円のため、モバイルSuica利用で81ポイント。さらにチケットレスの特急料金2450円でもらえる「えきねっとポイント」30ポイントをJRE POINTに換算すると75ポイントとなり、モバイルSuicaの分と合わせれば156ポイントにまで。

2020年春には「タッチでGO! 新幹線」の利用でもモバイルならば2%還元ができるようになり、同年12月以降には同一区間の繰り返し乗車でもポイント還元が可能に。さらに、2021年春には「えきねっとポイント」がJRE POINTと統合予定。同時期からは、JR東日本の新幹線を利用する際、ポイントによってアップグレードしたり、同社の新幹線・特急に乗車できる特典チケットと交換できたりするようにも。


他社にもあるポイントサービス

「pasmo tokopo icoca sugoca」の画像検索結果

ICカードで鉄道を利用した場合、乗車に応じてポイントを付与するサービスは、すでに複数の鉄道事業者が導入しています。

 たとえば、東京メトロは「メトロポイントクラブ(メトポ)」というサービスがあり、登録したPASMOで定期券区間以外を使用するとポイントが貯まります。乗車距離に関係なく1日3ポイント、土日祝はプラス4ポイント、1カ月に10回乗車するごとに10ポイント加算され、貯まったポイントはPASMOにチャージ。

 都内の地下鉄でいえば、都営交通にも「ToKoPo」というポイントサービスが。都営地下鉄や日暮里・舎人ライナー、都電荒川線に乗車するとポイントが貯まり、都営バスは乗り継ぎでもポイントが加算。

 首都圏以外でもポイントサービスが。JR西日本は、ICOCAで鉄道を利用した場合に「ICOCAポイント」が貯まるサービスを行っています。1カ月の間に、特定の時間帯・区間の4回目以降の利用で運賃の30%もしくは50%のポイントが貯まるほか、同じ運賃の区間の11回目以降の利用で1回ごとに運賃の10%のポイントが貯まるという仕組み。JR九州のSUGOCAも1回の乗車につき1%がポイント(JRキューポ)として貯まります。

 さまざまなポイントサービスが存在しますが、JR東日本の強みは「モバイル対応」であり、モバイル利用時の還元率の高さです。これは、スマートフォンに対応していないほかの交通系ICカードにはできないこと。

 ポイントサービスの共通化とともに進んできたのがSuicaのモバイル強化施策。モバイルSuica自体は従来型携帯電話の時代から存在し、スマートフォンでもAndroid搭載機では以前から使われていましたが、2016年10月からiPhoneでもモバイルSuicaが使用できるようになりました。日本ではiPhoneのシェアが高く、これ以降モバイルSuicaの普及が進みました。

10月1日から導入のSuicaのポイントサービスではモバイルを大幅に優遇する形となり、ポイント共通化とともにカードからモバイルへの移行を一気に推し進めようとしています。


モバイル移行促す材料に

「mobile suica」の画像検索結果

新しいポイントサービスは還元率の高さや汎用性からいっても、とくにモバイルの場合は相当な大盤振る舞いに見えます。

そういったサービスを行う意図はどこにあるのでしょうか。

それは「カード型Suicaからモバイルへの移行」を促す点にあるといえます。

 最近、JR東日本の駅にある券売機の設置箇所に空きスペースが増えているのにお気づきの方も多いでしょう。Suicaを現金でチャージする人も減り、定期券は通勤定期ならばモバイルで買う人も多くなりました。新幹線はモバイルSuica、特急もチケットレス化。窓口も券売機も設備を減らすことができ、人件費や設備費のコストを削減できるように。ICカード専用の改札機は構造もシンプル。

 さらに、モバイルSuicaが普及すればICカードそのものの販売も減らすことができるように。JR側の手間やコストの大幅な削減につながるのです。

 今後はさらにスマートフォン対応のサービスが増え、いずれカード型のSuicaは通学定期券などに使用するものが中心になっていくのではないでしょうか。それさえも、スマホカメラで学生証の写真を撮影してアプリで自動認証、ということになるのかもしれません。

 今回のモバイル利用者を優遇した高還元率のサービス導入により、カード型からモバイルSuicaへの移行が進めば、改札・窓口・券売機周りの省力化が一層進むことになるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました